2006年03月16日

SUSHI

私は今、お料理教室に通っている。
週1で、アジア各国料理を習うのだ。
中華、韓国、タイ、シンガポール、もちろん日本料理も習う。
先生は韓国人のおばちゃんで、生徒はほとんどアメリカ人のおばちゃんだが、私のように駐在の日本人や、韓国人、ベトナム人なども混ざっている。
料理を習うだけではなく、調味料もわかるようになるのでなかなかよい。
(オイスターソースはこのメーカーのが一番おいしい、とか、海鮮醤はこうやって使う、とか)

このクラスをとり始めたときからいつか来るだろうと思っていた日が、ついに来た。
寿司を作る日である。

****

カリフォルニアでは寿司はかなり浸透しており、みんな寿司大好きだ。
日本人の板前さんがいる寿司屋(高級)のみならず、韓国人やメキシコ人が握る寿司屋(かなりリーズナブル)もあるし、スーパーのお総菜コーナーにもパックに入って並んでいることもある。
生魚を使うにぎり寿司も前よりはずっとアメリカ人に受け入れられるようになってきたようだが、今でも年配の人には抵抗があるようだ。
やはり人気があるのは巻物。
カリフォルニアロール、レインボーロール、スパイダーロール、キャタピラロールなど、日本では聞いたことのないものがたくさん。
巻物は海を渡り独自の進化を遂げているのである。
(こういう巻物の写真は、そのうちアップします。)

****

で。
お料理教室である。

教室でも巻物と稲荷寿司を作ることになった。
クラスの始めに配られるレシピを見てみると、アメリカンなロールではなく、伝統的な太巻きを作る模様。お、さすが先生は韓国人だけあって、よくわかってるじゃん、と思っていた。

カンピョウと干し椎茸を甘く煮る。うんうんいいね、懐かしいねそういうの。

ほうれん草をゆでる・・・ん?ゆでたほうれん草なんて入ってたっけな、まあいいか、彩りも重要よね。

たくわんを切る・・・太巻きにたくわん?ん〜、ん〜、ま、まあいいか、日本っぽいよね。

紅生姜を入れる・・・へ?紅生姜入れちゃうの?

でき上がったのはこちら。
SUSHI-MAKI.JPG

これ、ただの酢飯で作ったキンパ(韓国ののり巻き。酢飯ではなく普通のご飯で作る。キムチとかソーセージとかチーズとか、中身は何でもありらしい。)じゃん!!


それぞれ味を主張しあうものが一緒に巻かれていて、なんとも不思議な味がした。

稲荷寿司はこんな感じ。

INARI.JPG

どうです、このご飯の量。
おアゲが閉まりません。(たぶん閉めるものだということを知らない。)
で、また紅生姜。なんとなく緑色のものは、ワサビです。
稲荷寿司にワサビ乗っけちゃったよ〜〜!!

ちなみに、先生は韓国食材スーパーで海苔を仕入れてきたらしいのだが、古くなっていて臭かった・・・。(さすがに韓国海苔ではなかった。それだと完全にキンパだ。)
海苔が古いと臭いとか、ご飯の炊き具合とか、具の味のハーモニーとか、そういうことは完全に無視だ。

アメリカ人のおばちゃんたちは、大喜びだった。
私たち日本人は、なんとも複雑な気分で試食したのだった。

日本食がアメリカでアメリカナイズされるのは仕方がないと思うのだが(それを観察するのもまた楽しいのだが)、今回は日本→韓国→アメリカ、と複雑な伝播経路をたどっただけあって、またまた微妙なものができ上がったなー、と思いながら見てた。

余ったのを家に持って帰って、夫にも食べさせてあげた。
食べ終わって、「おもしろかった。」と言っていた。
(でも2回は食べたくない、とも言っていた。)
「おもしろい」という言葉は、ものを食べた感想としても使えるんだな、と近ごろ思う。というか、濫用している。

寿司についてはまだまだ書きたいことが山のようにあるので、そのうち続編を書く予定。

****
4/19追記

韓国人の友人に、この寿司の話をしたら、「たくわん入ってたでしょ。キンパにはたくわんを入れるものなのよ。」と言われた。やっぱりそうなのか。ちなみに、韓国語ではたくわんを「ダクワン」って言ってました。
posted by ごん at 05:32| Comment(1) | TrackBack(2) | へんな食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えばいくつか見た韓国ドラマの中でこういう
海苔巻を食べるシーンがあり、同じような物を食べるんだなあと思っていたけれど中身の正体はこれだったんだね!
Posted by ごんのママ at 2006年04月21日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

稲荷寿司
Excerpt: 稲荷寿司稲荷寿司(いなりずし)は、油揚げの中に飯を詰めた寿司。名前は油揚げが稲荷神の使いであるキツネの好物とされたことに由来するとされる。「お稲荷さん」「揚寿司(あげずし)」「きつね寿司」とも。「しの..
Weblog: やっぱり日本食
Tracked: 2006-03-16 23:24


Excerpt: カリフォルニアロールカリフォルニアロール(California Roll)は、巻き寿司の一種。カニ(もしくはカニ風味蒲鉾)、アボカド、マヨネーズ、ゴマを、裏巻き(外側から酢飯、海苔、具の順になるように..
Weblog: やっぱり日本食
Tracked: 2007-10-06 10:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。